ナチュラリーよろしく!

いつも気取らず自然体で、普段と変わらず飾らないで、本来の自分でいられたらイイナな。

【オリジン弁当】回鍋肉弁当を食べてみました

f:id:tomochi1227:20210301140702j:plain

オリジン弁当】回鍋肉弁当

こんにちは、ともちです。

 

オリジン弁当といえば、いつでも作りたてのお弁当が食べられるのが魅力ですね。

急いでいる時は、店頭に並んでいるお弁当を買うこともできます。

今回はお昼過ぎに行ったこともあり、店頭に並んでるお弁当が少なかったので、注文してから作ってもらいました。

 

オリジン弁当の定番、回鍋肉弁当

オリジンの回鍋肉弁当といえば、定番商品の一つですね。

f:id:tomochi1227:20210301140809j:plain

オリジン弁当】回鍋肉弁当・おかず

具材は、キャベツとビーマンと豚肉、とてもシンプル。

オリジン弁当の回鍋肉には、中華料理の調味料、甜麺醤と豆板醤が使われており、濃厚なコクが楽しめる、とのこと。

 

では、実食!!

 

オリジン弁当】回鍋肉弁当を食べた感想

f:id:tomochi1227:20210301140840j:plain

オリジン弁当】回鍋肉弁当・お肉

キャベツの下にも豚肉が隠れていて、こんなにお肉が入ってるんだ、と感心しました。

野菜もお肉もたっぷり入っていて食べごたえがあります。

 

最初は甜麺醤の甘みが強く感じられましたが、後から豆板醤の辛みがしてきました。

確かにコクもあり、しっかりした味付けにご飯が進みます。

 

記事の冒頭で『お昼過ぎに行った』と書きましたが、実際に買った時間は4時ごろで(お昼過ぎというか夕方)食べたのは夕飯の7時で、作ってから3時間くらい経っていました。

にもかかわらず、キャベツがシャキシャキで歯触りがよく、とても驚きました。

時間が経った炒め物は、野菜から水分が出てベチョっとしてしまうものです。

ですが、この回鍋肉弁当は、そういった余計な水分も出ておらず、野菜もお肉も食感がとても良かったです。

 

どうやって作っているのか、火加減はどうなのかと、とても気になってしましました。

オリジンの調理場に、潜入したいです。

 

とても美味しかったです。

ごちそうさまでした。